糖尿病の3つの食事療法を行う場合、どの食事療法を選んだとしても、糖質量やカロリー量というのは気になる数値ですよね。

もちろん全部は無理ですが、よく使う食材とよく食べる食事の糖質量とカロリー量を各20個づつ一覧表にしましたので参考にしてみて下さい。

まずはよく使う食材(大豆、野菜、魚、肉、調味料など)の糖質量とカロリー量の一覧表です。

スポンサーリンク


━━━━━━━━━━━━━━━━━━


食材の糖質量&カロリー量まとめ一覧表 あくまでも目安です
食材の糖質量とカロリー量

食材 糖質量 カロリー量
絹ごし豆腐200g 3.5g 110kcal
厚揚げ60g 0.1g 90kcal
納豆50g 2.2g 98kcal
生おから25g 0.5g 27kcal
ジャガイモ100g 15g 72kcal
オクラ30g 0.4g 7kcal
かぼちゃ60g 10g 52kcal
大根120g 3g 20kcal
玉ねぎ200g 13g 68kcal
にんにく10g 2g 13kcal
ブロッコリー50g 0.3g 15kcal
ゴーヤー20g 0.3g 3kcal
バナナ200g 26g 100kcal
いわし150g 0.1g 100kcal
さんま120g 0.1g 250kcal
牛かた肉100g 0.4g 250kcal
豚ロース肉100g 0.2g 230kcal
砂糖15g 15g 60kcal
味噌20g 4g 35kcal


スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━━━


糖質量が多い食材はカロリー量も多い傾向があります。

好き嫌いがあるかもしれませんが、食材には血糖値を上げる成分が無いにも関わらず、血糖値を下げる成分がたくさん入ってる食材を食べるのが良いですね。

例えば、大豆や魚は糖質がほとんどありませんが、血糖値を下げる成分が豊富に含まれています。

血糖値を下げる大豆の記事

血糖値を下げる魚の記事

あと、野菜はたくさん食べた方が良いので、糖質の高いジャガイモやかぼちゃなどは少な目にして、血糖値を下げる成分を多く含むオクラ大根玉ねぎブロッコリーゴーヤーなどをたくさん食べると良いと思います。




次は、食事の糖質量とカロリー量の一覧表です。

食事の糖質量&カロリー量まとめ一覧表 あくまでも目安です。大きさ量で変わります。
食事の糖質量&カロリー量一覧表

食事 糖質量 カロリー量
かつ丼 110g 980kcal
牛丼 110g 770kcal
チャーハン 75g 567kcal
カレーライス 100g 780kcal
トースト 27g 220kcal
きつねうどん 58g 380kcal
天ぷらそば 45g 290kcal
醤油ラーメン 60g 360kcal
焼きそば 80g 700kcal
カルボナーラ 78g 860kcal
ハンバーガー 28g 260kcal
焼き魚定食 78g 480kcal
生姜焼き定食 83g 680kcal
刺身定食 79g 480kcal
鮭おにぎり 37g 190kcal
肉まん 45g 290kcal
卵サンドイッチ2枚 18g 270kcal
アイスクリーム 23g 230kcal
ショートケーキ 48g 360kcal
よく食べそうな食事の糖質量とカロリー量を載せてみました。ただ人によって味付けや一人前の量も違いますので、あくまで参考程度にご覧ください。

糖質制限食、カロリー制限食、カーボカウント、どの食事療法でも知っておきたいこと・・・

それは

糖質1g摂ると、Ⅱ型糖尿病は3mg/dL血糖値が上がるという事実です(人によって違います、あくまでも目安)。これはどの食事療法の方も忘れないで下さいね。



スポンサーリンク